“ 立志 の 龍 ”

伝える

お友だちの 有紀ちゃんの
“ お誕生日 お福分け企画 ” で
《カードリーディング の 福袋》を 受け取った。

2018年の後半から 2019年にかけては、

『ワタシという器を通しての創造活動』へと
意識をシフトしながら動いてきて
ちょうど1月半分過ぎての このタイミング。


2019年の意識設定確認するのに
絶妙なタイミングでのメッセージとなった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『立志』
このカードは
貴方の仕事は
貴方自身を創造し続けることだ
と告げています。

他人からの羨望も承認も必要ありません。

貴方はただ貴方自身の魂を
創り上げるだけでいいのです。

それが貴方の仕事です。

貴方にとって
作品を創り上げるということが、
自身の魂の表出であり、
魂を表現しようとすると、
それが作品となって現れるのです。
貴方はクリエイターです。

それも
『自分で自分を創り上げる』
クリエイターです。

作品と魂はイコールです。

作品を創り上げることで
魂が創り上げられます。
それがまた、
貴方に創造力を与え、
貴方は貴方を創り続けるのです。

さあ、

魂を創り輝かせましょう。

クリアな自分の魂に

一心に打ち込んで没頭して、
自由なままに、
クリアなままに、
自分自身のあるがままを
創りあげてください。

この龍が貴方の背中を後押ししています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「どんな状況に在っても…

ワタシは
自分自身の細胞が
感じとる感覚を
その時 そのトキに
表現したい〈カタチ〉に 紡いで
この世界に 送り出してゆく。。。」

役者が

その全てをかけて
舞台に上がる様に…

作家が

心血注いで
書かずにはいられない様に…

画家が

無心で描いた その作品で
雄弁に語る様に…

舞い人が

一指動かなくなるまで
踊り続ける様に…

ワタシは

〈和多志〉で 在り続けるために
紡がずには 居られない。。。 

“ 言の葉 ” という カタチ綴り

“ パステル ” という カタチ選び
“ 針 と 糸 ” 布に 描き
“ 声というバイブレーション ”使い

〈あらゆる表現〉駆使して
〈和多志〉という器 に 届けられる
〜彼方から の ゆらぎ〜紡ぎ出してゆく。。。

ずっと… ずっと…

内に秘めてきた感覚を
ようやく

ハッキリ!言葉に落とし込んで
意識チューニングするコトが出来た様な…
そんな…感覚。。。年始にホウフを書き出しても
何だか…しっくり来なかったのが
ここに来て

ようやく ドンピシャ!で 響いてくる。「あぁ…そうか。。。
そういうコトだったんだな。。。」
と、腑に落ちる。ぐるぐる〜グルグル〜 回り続けて 落ち着かなかった
【羅針盤の針】が ようやく 止まった みたいだ。

針先が示しているのは、
〈ワタシ自身の在り方〉だけ。

行き先は… 分からない。。。

あとは ただ
ひたすらに…

淡々と
成すべきコトを やりながら
進むだけ。


『立志 の 龍』
は、

ワタシを
どこへ 導いてくれるのだろう?

2019年の終わりには、
きっと…
まだ 体験したコトの無い

世界を 味わいながら
『立志・創造 の 一年』を 振り返っているコトだろう。


#お福分け企画 #立志の龍 #創造とは生きるコト
#立志創造 #カタチに紡ぐ #彼方からのゆらぎ
#宇宙(アマ)の紡ぎ人