‘ イマ ’ までで 一番 。。。

伝える

こんな風に…

一つひとつの『何か』について


静かに

真中(マナカ)から

向き合っている のは、

〈イマ〉までで 一番! だと思う。。。

 

《ワタシ の 意識》には、

“ コレまでに体験したプロセスデータ ”

“ DNAと一緒に 引き継いだ お題データ ”

“ 潜在意識が この地球で やろう〜と 決めてきたデータ ”

“ 源 の データ ”


全てが 同時に 存在している。。。

 

 

同時に存在しているモノたちを

【解放】〜【統合】させて

《本来 の 和多志》へと 戻ってゆく。。。

 

浄化の嵐

あらゆるドラマも

そのまま静かに 感じつつ…

淡々と 必要なコトをやってゆく。。。

 

“ 全てのプロセス ” が 【イマ】のために存在し、

味わってきた数々の体験が

1つに繋がった瞬間から…

 


『嵐の中にある静かさ』 真ん中に

 


スポン〜!と 入り込む。

 

胸の内から湧き出して

ワタシを そっと…包み込む。。。



言葉に出来ない『ありがとう。』

静かに 静かに 溢れ出る。。。

 

あ…

イマ

意識 が 変わった。。。

“ カラダを持ちながら 日常を おだやかに 生きてゆく ”  って

こういうコトなんだと

しみじみ… しみじみ… 実感する。。。

 

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


《神無月初め の ひとりごと》

#ハリネズミのひとりごと #意識が変わる瞬間 #嵐の中にある静けさ
#真中(マナカ)で 生きる #自分の源と繋がる