“ 糸引きクジ ” の 贈り物 〜 その ④ 〜

糸引きクジ の 贈り物 (Ha∞Su に届けられた 素敵な ヒト・モノ・コトをご紹介)

〈ご縁繋ぎの達人〉である いでの幸恵さん。

 

【ご自身の感覚】を とても 大切に しながら

“ ジョブクリエーター ” として 全国各地で 幅広い活動をされており、

【直感=スピリチュアル】を 上手に使いこなしつつ

【人生をクリエイト=現実創造】してゆく スペシャリストだ。

 

現実世界で生きてゆくための 〜ほどよいバランス感覚〜 を持ち

自然体で生きている幸恵さん と語らうひと時は、

まるで 出産をしているかのような感覚〜 に包まれる。

 

「想いがカタチになる一歩手前の 表現し難いもどかしさ」

そっと… すくいあげ

“ ワタシというお仕事 ” 自然分娩出来るよう 寄り添い 導いてくれる。

 

そして 

語らいの流れの中で いつの間にか 

 “ 人生の創造活動 ” の【スイッチ

ポチッ と 押してくれているのだ。

 

“ ジョブクリエーター ”  とは

肚の底から湧き上がってくる

“ そのひとだけの創造活動 ” を

〈名付け親〉となりながら この世に誕生させてゆく

産婆さんの様な存在 なのかもしれない。

 

“ 創造活動 ” の【スイッチは、それぞれ 絶妙なタイミング で 入れられる。 

 

カラダ中の細胞が 

 

 

プチプチ〜と

 

 

シックリくる感覚で 振動し始めたら…

 

 

“ ワタシ・和多志 ” という 【唯一無二のお仕事】が 動き始める。

 

「どんな 仕事でも 必要ならば 自分自身で生み出せる!」

「わたしたちの宇宙は、新たな産み出しを待っている!」

 

“ ジョブクリエーター ”  という “ 在り方 響き ” は、
わたしたちの中にある ∞ 無眼の可能性 ∞ を 思い出させてくれる。


この記事を紡いだ数ヶ月後に

幸恵さんは パートナーと出逢い 新たな創造活動のステージに入られた。

「好きというエネルギー」から『独自の仕事』を 生み出す瞬間の
“ 産婆さん ” 的な 立ち位置ではなく、

自分軸で パートナーをプロデュースし、共同創造を成してゆく様は
まるで…
「幸恵さんという生みの器」を通して『共通世界』が 出産されているようだ。

イマは、
『生きていて良かった』『生まれてきて良かった』
そう想える人が増えるための〈第3ステージ〉での活動プロセスの中に在る。