こじか父さん の 憂いが晴れた朝

家族

新社会人としての生活がスタートした。


朝に弱いキミのことを

ついつい…心配して
こじか父さんは
毎朝、時計を気にしながら

起こしに行っては
玉砕!!
していた…^^;


「まだ起きない!」

「間に合わなくなる!」
こじか父さんが
そう思っているから
ますます〜起きない現象が
起こっているだけなのにねぇ


キミも

「自分で起きるから放っておいて!」
と言いながら
二人で『起きない劇場』を繰り広げている


ハリネズミかあさんは

二人のお弁当を作りながら
「そろそろいい加減にして欲しいなぁ…」
と思っていたところだった


そして今朝

こじか父さんは
とうとう〜肚をくくった!!
「今日から起こさない!」


お弁当を作りながら

横目で長針をチェックする


バスが出るまであと10分…

そろそろ ギリギリ〜になってきた^^;


ハリネズミかあさんも

「起こさないけど
窓を開けに行きたくなっている」
のをグッとこらえて

耳を澄ます


あ…

歩く音がし始めた


こじか父さんも

ハリネズミかあさんも
やれやれ〜^^と安堵する


過去最高のスピードで準備して

ちゃんと朝ごはんも食べて
通常モードで
「行ってきます。」
「いってらっしゃい(*^^*)」
と送り出す


毎日が夏休みで

たまに重役出勤をしていた頃が
懐かしく思えるくらいに
成長した


わが家の

〈朝の風物詩〉データは
今日から新しく書き換えられました!(嬉)


〈社会人〉としての

【キミの在り方】

キミの体験したい現実へと
繋がってゆくよう〜
祈りながら
見守っている

#ハリネズミかあさん #家族関係自由研究ノート #新社会人
#在り方 #居場所 #意識が現実を創造する #祈り #祝福