【胎内記憶 の バグデータ】が 統合されるまで 〜 プロセス ③ 〜(最終)

家族

【 胎内記憶 の バグデータ】が “  解放 〜 統合 ”   されて   ゆく

「シリーズ記事 〜 その ① 〜」はコチラ
「シリーズ記事 〜 その ② 〜」はコチラ

去年の2月に
初めて ハンドスキャンヒーリングセッションを受け、
そこから 一年4ヶ月経ったのち
羽生すみれちゃんの本『かみさまは小学5年生』に出逢った。

このタイミングも 本当に絶妙で
遅くても 早くても 前後しても ダメだった。
(関連記事)『かみさまは小学5年生』

本に出逢う 一週間前、
ある人と【原罪】というモノについて話をする機会があり

その時に 話してくれた内容が
わたしと共に 生きてきた【胎内記憶のバグデータ】を
統合に向けて 解放させた。


そして、本を通して 届けられ

すみれちゃんのくちを 使って 伝えられる
光のメッセージが 仕上げとなり
痛みの元となっていた【胎内記憶のバグデータ】は
ワタシの中で 静かに スゥ〜〜っと 統合されていった。。。

この本を 紹介してくれたのが
奇しくも ひろぴ〜 と ご縁のある
氣的開運アドバイザー の 熊谷一二三さん。
ブログ「天の氣を味方に付けて楽園共同創造!」


「どうだ!」と 言わんばかりの
「宇宙の采配」とプロセスの流れ〜


やっぱり…

「宇宙は ワタシたちにとって イイようにしか 運ばない。」

願わくば… もう少しだけ  お手柔らかに。。。

 

〜 プロセス③ 〜 「胎内記憶バグデータの 解放〜統合」(終わり)

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

「シリーズ記事 〜 その ① 〜」はコチラ
「シリーズ記事 〜 その ② 〜」はコチラ

#胎内記憶 #バグデータ #ハンドスキャンヒーリング #家族関係自由研究ノート
#統合 #かみさまは小学5年生