全てのプロセスは『統合』のため…

家族

「オギャア🤱」と、この世に生まれ出て  “ 初めて体験する小さな社会 ” … それが【家族】

 

【家族】という名の下に集まった チームメンバー と 共に体験するプロセスは、

 それぞれのDNAに記憶された古いデータ の 解放〜統合のために起こっている。

 

どの『おかあさん🤱えらび...

どんな『カラダ』にするか 決め

どの『タイミング』胎内にはいり

『いつ・どんな風にして』この地球🌏 に 生まれてくるのか?

 

どんな『体験』楽しんで

どんな『仲間』つながって

どんなコト『ワクワク〜✨😆✨』し…

何を『創造』してゆくのか?

 

『地球🌏 という 遊び場』

『やりたいコト』を 存分にやった後、

どうやって〈光に還るか?〉という 旅立ちのプロセス まで…

わたしたちは 全部 ぜ〜んぶ 決めて来た。

 

他人(ヒト)から見ると

滑稽だったり… 眉をひそめるような『ストーリー』だったとしても

それぞれの 宇宙が描いている『シナリオ』に

イイワルイ  無く

ただ『必要な体験をする』ために 物事が起きて進んでいる。

 

そして、本氣【ワタシ・和多志】生きようとすると…

〈自己 と 他の存在 の在り方〉について 徹底的に向き合う課題 が やって来る。

 

〈他の存在〉は、

〈ヒト〉かもしれないし

〈現象〉かもしれないし

〈思想〉と呼ばれる類のモノ… かもしれない。

 

次なるステージに進むために

その時々で 書き換え最優先〈内なるデータ〉

目下の課題 となって現れてくる。

 

課題が出現した瞬間 こそ

解放〜統合のプロセスを体験する】絶好のチャンス。

 

そのトキを 待ちわびて 潜在意識の湖から浮上する【DNAに刻まれている過去のデータ】は、

〈体験のプロセス〉を経ながら やがて… 成長のためのかけがえのない肥やし となり

【ワタシ・和多志】という器にある引き出しの オリジナルカラー となって溶け込んでゆく。

 

【ワタシ・和多志】になる ために体験している『あらゆるプロセス』は、

どんなトキも【大いなる自己】 〈行くべき先〉へと 導いてくれている。

 

細胞 ゆらぎながら〜 新しく創り替えられている様な…「なんか 今までと違う感覚」が起こったなら、

 〈自分担当のデータ〉解放〜統合をしている真っ最中〜だというサイン。 

 

それぞれが担当するデータ解放〜統合のために 淡々と向かいながら

チームメイトのプロセスを見守りゆくと…

関係性に振り回されない 本来の【ワタシ・和多志】へと 生まれ変わってゆく

 

 

 

【家族】という「一番近くて 不可解な存在」は、

〈互いに 幸せになるために 宇宙が結んだ究極のご縁〉だと わたしは思っている。

 

統合しきれず DNAの記憶として残ってしまった【過去のデータ】

〈親子関係〉という体験プロセスを通して

一人ひとりが担当し【解放〜統合してゆく。

 

進化する地球🌏 と 共振して進もうとするからこそ

解放〜統合のプロセス】がやってくる。

 

【肉体からのサイン】【現象からのサイン】

あらゆる手段で宇宙が伝えてくるメッセージを そのまんま受け止め、

ドキドキ〜ブルブル〜しながらも

思い切って行動に移し 現状を打破してみる。

 

【解放されてあふれ出してきた過去のデータ】

ただ ただ 感じ切る だけでイイ。

 

その時  初めて 【チーム家族】で 味わってきた

体験の奥にある「宇宙のイトの真意」が ストンと 腑に落ちてくる。

 

そして こう思うのだ。

ワタシ・和多志は、この地球で コレをやるため

わざわざ この家族を選んで生まれてきた

 

母になって18年目、

地球が進化の準備を始めて7年目に突入した日に

〈自分自身の 解放〜統合プロセス〉の ひと区切りとして綴ってみた。

 

今年は特に「それぞれのプロセスにシッカリと取り組んでゆく一年」となりそうだ。