「糸もらってちょうDAY」

在り方

大坂の泉大津市にある「水野撚糸工業所」さんは、
絨毯形成する前段階の糸を撚る工場だそう。

50年以上、水野さんが人生を注ぎながら続けてこられた工場を この度閉じられるにあたって
“ 残った単糸 や 撚り後の余りなどを 希望されるひとたちに 持ち帰っていただく ”

という『糸のお引越し会』が 一週間にわたって行われていた。
 連日の様子は 水野さんの Facebook をどうぞ ^^♪)

 

たまたま 流れてきた SNSで 知ったこの企画。

「糸つながりだから行かなくちゃ!」 という思いに駆られ、泉大津へ赴くことにした。


連れて帰りたくなるモノ 出逢えたら…

“ 水野さんのエネルギーが撚られた糸 ” ごと もらって帰ろう。


もし、ワタシの元にやってくる糸 が 無かったら...

50年余りに渡って撚り生み出されてきた 水野撚糸工業所さんの『創造活動のエネルギー』を 味わってこよう。


そんな想いを抱きながら 車を走らせてゆく。

やっと到着したのは、終了まで 残り30分を切った頃だった。

 


その日、最後の訪問者だったワタシは

静かに響く “ 機械 ”“ フォークリフト ”【働く音】
明日のために 場を清める “ 掃き掃除の音 ” を 聴きながら、
もらってもらうのを ひっそりと並んで待っている 糸たち を 観てまわる。

 

 

想像以上に《大きな糸巻き》だったのと
〈創りたいモノのイメージ〉が 浮かんでこなかったので

「何も選ばずに帰ろうか…」と 悩んだのだけれど、
どうしても いくつかの《色》に 呼ばれてしまうので
心惹かれる《色彩》を 選んで連れて帰るコトにした。


選び終えた 《色》を観たら… どれも これも 自然の色 だった。


《空》
〈あお〉

  《水》 〈アオ〉

《草木》 〈翠〉

  《風》 〈ミドリ〉

《土》 〈イロ〉

 


(重なり合う 斜めの線が とても美しい糸巻きたち)


持ち帰った糸 を 眺めているうちに
ふと… こんなイメージが 湧いてきた。


ひとりではなく みんな使う糸》

《自然思い浮かべなから 創る糸》


「そうだ!この秋
心地好い自然に囲まれた場所で開催する イベントで 使って遊んだら面白いかも〜☝🏻😊」って。


イマ、
漠然としたイメージが思い浮かんでいるだけなので

どんな流れになってゆくのか?わからないけれど、
きっと「これ〜コレ〜〜!」って感じの 共同創造 になってゆくんだろうな。


糸たちが ドンピシャ!の出番 を迎えるまで
しばらく わが家で 休んでもらうことにしよう〜♪(*^^*)