〈共同の創造〉と《個の確立》

在り方

根源の《ワタシ・和多志》から あふれ出る

【究極のわんねすを体験したい!】という 意識の流れに 乗った瞬間から

〈共同の創造〉が始まってゆく。

 

 

宇宙がデザインするヴィジョンが 壮大であればある程…

としての《ワタシ・和多志》の在り方が 求められてくる。

 

「お前は 一体 何をしたいのか?」

「仲間と共に どんな世界を創造したいのか?」

 

ブレずに邁進出来るよう

何度も何度も 問いかけられる。

 

それぞれが 内なる宇宙に抱いてきた

〈壮大な共同創造〉が 動き出した。

 

たっぷり〜と時間をかけ 温めておいたエンジンが

全開で駆け抜けられる様に 急ピッチで準備を進めている。

 

大いなる〈共同創造〉の船から 荒波の中へふり落とされたくないなら、

徹底的に 個《ワタシ・和多志》と向き合い

常に《内なる声》に耳を傾けながら

【究極のわんねす】に向かって〈共同創造〉してゆくだけ…だ。

 

 

人智を超えた先にある【調和の世界】を観るために

《ワタシ・和多志》が よろこび・ワクワクする〜

【ソレ】を感じられる自分  在り続けたい。