アートギャラリー・ハルキハウス ① 〜 ミリオンハートプロジェクト 〜

紡ぎ糸 の 糸見本 (繋がるご縁・活動をご紹介)

初めて降り立つ玉造駅の改札を出て、
真っ直ぐ 八坂神社へと向かう。

晴れやかな陽ざしに包まれた境内は、
一人静かに お詣りするのにちょうど好い。

眼力が凄まじい神馬を 横目に見ながら
鳥居をくぐり抜け、住宅街の一角にある
アートギャラリー・ハルキハウス さんへと向かう。 

Art Gallery HarukihouseさんHP
facebook
Instagram


出迎えてくれたのは、
ギャラリストで 額装家の多喜博子さん。

画家 橘ナオキさんの作品に見守られながら
メインスペースへと進んでゆく。

今回のギャラリー訪問は、
ハルキハウス さんの 〜ミリオンハートプロジェクト第三弾〜
【バレンタイン企画は終了。赤いハートプロジェクトは継続中です】

『100の赤いハートプロジェクト』に 繋がって
わたしの元へ
ひとつの ‘ 赤いハート ’ が 届いたことから 実現した。

光に還った大切なひとを 偲びながら 集うスペースに
飾る  ‘ 何か ’ を 探しているタイミングで
目に飛び込んできた この ‘ 赤いハート

幾つものハートが フワァ〜っと 湧き上がってくる様に観え
この ‘ 赤いハート ’ は、光の存在に想いを寄せる
仲間たちの ‘ 愛のカタチ ’ だなぁ…と、そんな風に感じて一目惚れ。

そして、
義母が血液の病気だったことにもご縁を感じ
微力ながらプロジェクトに協力させていただいた。

手元に届いた ‘ 赤いハート ’ は、
もの凄いエネルギーを発していて

‘ 赤いハート ’  だけれど…
赤の中に 色んな色のエネルギーが 混ざり合い
うねりながら 拡がってゆく〜
そんな  ‘ ミリオンハート ’  だった。。。


「出来ることなら…

他の赤いハートたちのエネルギーも 直に感じてみたい!!
という わたしの「ワガママリクエスト」に 快く応えて下さった 橘さんと多喜さん。

たくさんの ‘ 赤いハート ’  と 作品たちに囲まれながら
その活動ストーリーを お聴きしたひと時は、
ハルキハウス さんならでは 場の整え方 も手伝って
あっという間に過ぎていった。


多喜さんのアトリエも兼ねているギャラリーは、

〜 アートが日常に溶け込んだ空間 〜 となっていて
気取らない雰囲気で過ごすことが出来る。


いわゆる〈画廊の醸し出す独特の雰囲氣〉が無いので

よりアートを身近に感じることが出来るのだ。



梟が 見守る中



色んな表情の ‘ ハート ’ が 並び



橘さんの絵と 多喜さんの額装が

絶妙な雰囲氣を醸し出しているその足もとに



パワフルな龍が 無造作に 鎮座し



橘さんの描く独特な  ‘ ハート ’  の 側に



趣の異なる  ‘ ハート ’ たちが

 

寄り添っている。。。


「このまま寝転んで お昼寝したら

どんな 夢を 観るのだろう?」


とびっきりの贅沢をして

“ アートたちに抱かれる夢 ” を観たくなってしまう…

ハルキハウス さんの提案(HPより)が そのまんま詰まった
とても 素敵な 空間だった。。。(*^^*)


ハルキハウス さんのお二人と

コラボレーションされた栄田慶子さんの
(公益財団法人日本骨髄バンク 地区普及広報委員・説明員)
栄田慶子さんの活動源となっている新聞記事はコチラ

熱い想いを乗せて 赤いハート ’ たちは

賛同される方々の元へと 旅立ってゆきました。

橘さんと 多喜さんの
次なる『愛の挑戦』は なんだろう?

さらに羽ばたいてゆかれる姿を
これからも コッソリと
応援してゆきたいと思うワタシである。


『100の赤いハートプロジェクト』に込めた想いは

コチラ(ハルキハウス さんの動画より)

圧巻の「100の赤いハートギャラリー」は
コチラ(ハルキハウス さんFBより)


ミリオンハートプロジェクト第二弾
『国境なき医師団』はコチラ


「アートギャラリー・ハルキハウス ②」へ続く

【関連記事】
「アートギャラリー・ハルキハウス ②」
「アートギャラリー・ハルキハウス ③」


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
#アートギャラリー・ハルキハウス #ミリオンハートプロジェクト
#世界をハートであふれさせるチャリティ活動 #挑戦
#国境なき医師団 #骨髄バンク