「ノマド … 時々 … ティオシパエ 」 〜 はじまりの道 〜

未分類

ここ数ヶ月…
ずっと 自問自答しながら 進んできた。

 

本当はワタシは  何をしたい のか?」

本当のワタシどう 在りたい のか?」

イマワタシ何を 創造したい のか?」


「断片的な答え」は 見つかるけれど…
なかなか 全てが 一つに つながらず、
スコ〜〜ン! と 腑に落ちて
パ〜〜ン!広がる
コレ! といった 景色(ヴィジョン)
が 観えてこない。。。


つい先日、《トキ》を【自分のモノ】にする まで (関連記事はコチラ)

とめどなく ザワザワ… 悶々〜 する日々 が 続いていた。

 

カラダ中の細胞が震えて
言葉にならないくらいの感覚が 湧きあがってくるまで…
何度も 何度も
【自分のマナカ】と向き合ってゆく。。。

 

けれども やっぱり…
  宇宙のプロセス 完璧で

この流れでないと 肚に落ちるまでの 氣づきは 生まれない!」

そういうタイミングで
     全てのモノゴト を 起こしてくる。

 

地震直前に開催した『現実創造講座アドバンス』

翌日に起こった  関西での地震


そして
夏至前日に行った  共同創造仲間たち との「ヴィジョン会議」を経たその夜に

ようやく
ワタシの中で 見つけてもらうのを待っていた

《創造の道しるべ》が  光り始めた。。。


わたしが これから 向かうのは、
ノマド(遊牧民)のように 軽やかな旅をして
ティオシパエ(拡大家族)仲間たち と 触れあいながら生きている
淀みない  ワタシ が 在る世界。


全てのモノが
 〜調和になろうと循環する〜
そんな 世界で 暮らしたい。


大きな変革期となる 夏至の日
さらに また
意識変わった  ワタシ が いる。

 

(つづく)